R×2

惰性の慣性によって描かれる雑記。もはや日記とは呼べない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幕間

 久しぶりの更新だ。Roに新パッチが当てられたが、以前ほど興味が沸かない・・・というわけでつまんねぇリアルな話しでもOkって方のみどうぞ。
 本日は、ゼミの関係で舞台を鑑賞することとなった。開演は19:00とのこと。なので18:30には、現場付近に到着していたのだが、どの建物に入っていいのかわからず、今日見に来る同じゼミ生に連絡を飛ばす。拾いに着てもらい無事観客席まで案内してもらった。本当に目の前の建物だったのだが、入り口がわかり辛く、場所も手狭な所だったので、判らなくても仕方が無かった。と言い張ってみる・・・
 観客席は、ざっと見渡す限り50席といった感じで、ひな壇状になっていて座布団が敷かれていた。舞台といってもひな壇の一段目と同じくらいの高さで、幅10M奥行きが7Mくらいといったところか。開演前には満席に近かった。して、気になるところの演目だが、「Constanze Mozart」というちょっぴりリアル、おもいっきりフィクション・・・らしい。パンフの登場人物に目を通してみるが、なかなかに人物が多く関係も複雑?だったので、把握するのに少し時間がかかった。小道具はそれほど多用せず、ファントムマスクと人物を象徴するような上着、そして椅子ぐらいだった。また音楽もピアノ、ヴァイオリン、チェロ、クラリネットの4楽器で構成されていた。
 劇のほうは、舞台を始めて鑑賞する自分としては、とても見やすく面白かった。むしろもう1回見てもいいと思うぐらいに。ネタばれもどうかと思うので、内容ははしょりますが、なかでも「サリエリ」という人物に惚れた。舞台が終わった後、サリエリ役の人に握手を求めたかったのだが、残念ながら出口付近にはおらず、握手することは叶わなかった。
最後にサリエリの名言を1つ「貴方は、トマトを信じますか?」 
スポンサーサイト
RO日記(ルウェン) | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<ハンター日記4 | HOME | ハンター日記3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時代に住... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。