R×2

惰性の慣性によって描かれる雑記。もはや日記とは呼べない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハンター日記6とおまけ

 スナイパーになってから初めてタナトス臨時に参加した。参加当時のLvは70/40。募集要項は70台とのこと。まさにぎりぎりだ。
砂タナトス挑戦

一見なにげないように歩いてますが、相当寝転がってます・・・
主にうちが・・・10回くらいまでは、数えてたけどそれ以上はめんどくさくなりカウントを放棄しました。幸いにも決壊したのはこの1度だけ
砂棚で全滅

かなり見にくいですが左端のほうに絶望が写っているはず。

それでもBase1、Job2と上がったのでおいしいのは確かか。
個人的な反省をというと、#打つ為の斜線取りが下手だったのと教授に対してSp要求を出すのが遅かったことか。(つかほとんど駄目じゃん

もうひとつは、火力が砂のうちだけだったことかなぁと個人的に思っている。占がいたけれど範囲攻撃を持ってるのがうちだけだったので、殲滅が遅くなる→追加が来る→誰かがアッー!っていうのが結構あったかも?S4Uもうれしいんだけど、元々Spが少ないから焼け石に水的な感じはしたかな。


でもって戻ってきたところ、修道院に行かないかという誘いを受ける。騎士はなぁ・・・と思いつつも行ったことがないという誘惑に負け同行させてもらうことに。
騎士初修道院

不死盾がないので両手で行くことに。感想としては、Map見にくいねぇということか。大量に湧いてくれるのはうれしいのだけれど、前衛が3人いるとたいしてすることない気もする。敵がQMも使ってくるので、2HQもほとんど意味をなさないし。ただMHに会って、致命的な傷状態だと確実に死ねるかも。かくいうルウェンも2度ほど寝転がりました。経験地はそれなりにおいしいけれど、そんなに通う気も起きないのはなぜだろう・・・
スポンサーサイト
RO日記(ルウェン) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハンター日記7 | HOME | ハンター日記5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。